2005年05月10日

JR西日本は他山の石・・・日本企業の組織と人

JR西日本の脱線事故当日に同社の管理職などが
ゴルフ、歓送迎会などの料飲食に興じていたとの事実が発覚しました。
当初は、事故車両に乗っていた運転手2名がその場を立ち去り
勤務地への出勤を優先させたことに対する管理のあり方に問題が集中しました。
ついには、社長に「はずかしい、申し訳ない」とまで言わせるにいたりました。

私は、この社長を見ていて「はずかしく」なりました。
2万5千人の社員をかかえる大企業のトップが言う言葉ではないでしょう。
そう言わざるを得ないほどヒドイ組織にしたのは、
ここのトップでしょうから、自業自得ですが・・・。

私は、企業の統治責任はトップにあり、
部下の失態は統治に問題があったからだと思います。
部下のミスに対しては、ミスの克服を評価し、
その過程を組織に組み込み、予防の仕組みを構築する。
部下の不祥事に対しては、軽重を評価し、速やかに処理する。
これらの蓄積が企業風土となり、組織と人を造って行くのだろうと思います。

『忖度(そんたく)する』という言葉があります。
相手の気持や思いを思いやって行動することですが、
企業で処世術としてまんえんすると、
上司の言いなりに行動し、異議を言わないことが自分の利益になるのだと。
利口な人は、異議でなく、少しの差異を言うことでしょう。
この組織では、上司の命令とおりに行動し、それ以外の行動をしてはいけない。
それ以外のことは、どのレベルにしろ自分以上の上司の責任ですから、
心配することはないのです。
『遠慮』することが美徳なのです。

JR西日本の一部の社員は、この時、『遠慮』して進言できなかった。
私は『忖度』して、あえて一部の社員と言っておきます。

「組織のために個人がある、というのは一面の真理だが、
個人の成熟のために組織がある、とみるのもまちがいではない。
拘束と自由という一見矛盾したふたつの概念も、
統合され収斂されてゆく性質のものであろう・・・・
組織と個人のかかわりは、二一世紀にむかって変貌しようとしている。」
(加藤英俊著「人生にとって組織とはなにか」)
15年経ちましたが、どれほど変わったでしょうか。
posted by 友よ!! at 20:08| Comment(3) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
猫並です。TBありがとうございます。

トップが述べて違和感のある言葉には「誠に遺憾であります」というのもありますよね。遺憾だといえるくらい努力はしたんですかどうなんですかと問いたくなります。

上に立つ人間の耳には、能動的に聴こうとしない限り、決してマイナス情報は入らないのだという話をよく聞きます。今回の一件も、上が能動的に聴こうとしない姿勢が次第に下へ伝わり、担当係長が事故車に乗り合わせた職員から詳しい状況を聞き出せないまま出勤を指示してしまったのではないかと考えられます。ミスを厳罰で処理してそれで終わりにする習慣があったのは、指摘を受けたJRの一連の姿勢(=「失礼!すぐに厳罰に処分します」的な)からよく分かると思っていますが、そういった処理の仕方も結局は上へのマイナス情報の流れを止める方向に働いていたのではないでしょうか。

風通しの良い組織を作るのは大変なことですね。
Posted by 猫並 at 2005年05月10日 23:43
TB有難う御座いました。
「団塊世代千夜一夜物語」担当の「はぎさん」です。今回の事故は色々なことを考えさせられました。会社とは?マスコミとは?社員とは?
今しばらく、注視していたい事件の1つです。
ご活躍を祈ります。
Posted by at 2005年05月15日 17:36
私も以前から新聞紙上で頭を下げる経営者を見てきましたが、変ですよね。まるで他人事。
それらのデータベースを作って見たいです。
忖度大事ですね。同感です。
Posted by 快団児 at 2005年05月21日 21:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『失敗学のすすめ』から見たJR事故
Excerpt: 失敗学のすすめ/講談社文庫 畑村洋太郎 著 失敗はそれ自体、忌み嫌われるべき物には違いないが、正しく向き合えば人類の発展の萌芽でもあるということを、なんの変哲もない語り口で淡々と語っている。 当然..
Weblog: 猫並の日記帳
Tracked: 2005-05-10 23:15

あの大惨事から2週間・・・今
Excerpt:  ゴールデンウィーク明けの月曜日、先々日の9日の日に、JR西日本福知山線の尼崎列車脱線事故の現場へと行って来た。実はこの脱線事故現場、今から7年程前になるだろうか、当時尼崎市から、とある河川敷きに拡が..
Weblog: ちょぉ〜っ!弱小零細企業オヤジのつぶやき
Tracked: 2005-05-12 03:06

JR西日本乗務員に嫌がらせ・・・筋違いでは?
Excerpt:  ついにこんな事態に陥ってしまったようですね。 ●JR西乗務員へ嫌がらせ120件 脱線事故後に相次ぐ @ アサヒ・コム  詳しくはここでは触れません。記事を読んでください。  しかし、普通に考え..
Weblog: TSJ付゛録゛
Tracked: 2005-05-12 12:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。