2005年07月09日

テロの根絶はできない

ロンドンの朝、通勤時にテロがあったと報じられました。
国際的テロ組織アルカイダの仕業らしいといわれています。
G8は、テロとの戦いで団結を合意したそうです。

9・11は、
ブッシュ大統領にアフガニスタンのタリバン、イラクのフセインに対する戦争口実を与え、
米国の世界戦略を後押ししました。
米国の米国のためのパックスアメリカーナとグローバルエコノミックスは、
独裁的国家であっても従順であれば、存続を約束するのでしょう。
意に添わなければ、民主主義の名のもと、国家体制の変革を要求する。
そして、武力介入。
独裁的国家の権力者は従順であろうとします。
自らの富と権力が維持され、一定の武力と政治体制が保証される。
貧しい人々に残されたのは、富への羨望と嫉妬、そして宗教。
宗教は、心の平安と現実からの逃避と諦観ともなりますが、
心の自由でもあり、現実の自由を呼び覚ますことにもなります。

現実の自由は、イスラム教による心の自由であり、
既得権を武力で維持する権力者に対する開放闘争ともなるでしょう。
若いイスラム教徒は、権力者の裏に潜むのは米国と教えられ、
米国に追随するキリスト教徒は、すべてが悪魔の顔を隠した小市民であり、
彼等を目覚めさせるには死をもって行なうしかないと、
熱病のような情念に突き動かされでしょう。
「これは、聖戦だ。」
「自ら死することなど恐れることはない。」
死ぬことこそ、究極の快楽なのだ。
「ああ、快感」

テロリスト。
郷愁を呼び起こす言葉と思うのは、私だけではないでしょう。
恐ろしきテロリスト。
パリコミューン終局の恐怖政治。
全共闘末期の赤軍派、赤城山の総括、浅間山荘のドブネズミ、
ハイジャックで北朝鮮へバイバイ、忘れた頃の何とか空港での乱射。
彼等の「快感」に嫉妬し、情念に思いを寄せ、
ああ、思えば若き日の苦々しい思い。

かれらテロリストの情念に同調する人々がいる限り、根絶はできないでしょう。
ただ、テロの対象と政治目的が曖昧になり、同調する人々がいなくなったとき、
テロリストは自ら滅び、
根絶されることでしょう。

posted by 友よ!! at 17:34| Comment(35) | TrackBack(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

歴史認識なんて邪馬台国論争とおなじ

中国が、
小泉総理がA級戦犯の祀られる靖国神社を参拝するのは、
侵略戦争を美化するものだとか、
教科書が侵略を侵攻とするのは軍国主義の復活だとか、
南京で30万人以上を虐殺したことを教科書にしっかり書けとか、
侵略戦争で中国人民3000万人を犠牲にしたことを日本国民は反省しろとか、
政府あげて主張するのには、うんざりします。

韓国が、
日韓併合協定は無理やり調印したもので無効だとか、
竹島は韓国の意思が働かない時に日本がこっそり領有権を奪ったものだとか、
女子挺身隊と、だまし慰安婦として戦場に送り出したとか、
皇民化教育で強引に日本語を押しつけられ、
創氏改名と称し屈辱的な日本名をつけられたとか、
あの日本帝国主義時代の植民地政策はすべて間違っていたし、
韓国に詫びるのみならず、
韓国と同じ歴史認識をして、
初めて正しい歴史認識をする国だと主張するのには、
ヒステリックとしか思えません。

私は、かつて小泉総理は靖国神社の参拝をやめるべきだと書きました。
それは、歴史認識であれこれ持ち出してくる国と本気で論じるのは、
政治家の役割ではないと思ったからです。
国益を優先に政治的判断をするべきと思ったからです。
参拝は中国の覇権主義と韓国の北朝鮮化にたいする牽制であるかぎり、
むしろ靖国神社カードを有効に使うことを期待しています。

歴史認識なんて邪馬台国論争のようなものと思います。
その所在は諸説あり、主な説でも九州説、近畿説とあり、
遺物が出土するたびに有力な説が変わったりもします。
それなりの証拠があれば、たとえ、
邪馬台国が朝鮮半島にあったとしても驚きこそしても、
そういうこともあるのだろうと思います。

卑弥呼にとっては、どこに邪馬台国があったかは重要なことでしょう。
彼女は、幾多の戦争をし、統治者として築いた国がどこかを知っているでしょう。
しかも、彼女は日本を代表する最初に知られた統治者なのです。
・・・と思っているのは、すべて事実と異なるかもしれません。
これも歴史認識です。

所詮、歴史認識は今を起点に、
今の評価で過去の事実を論じるか、
過去の事実をその時の評価で論じるかではないでしょうか。
中国も韓国も、過去の日本は間違っていたと今の判断基準に基づいて評価しています。
日本は、過去の日本をその時の歴史的必然性に基づき評価しています。
中国も韓国もA級戦犯が極悪人になりますが、
日本人は戦争責任をA級戦犯のみとは思っていません。
1億総懺悔して、ごめんなさい。・・・と。
この日本人の「人のよさ」は、かの国には理解できないでしょう。
ああ・・・。
posted by 友よ!! at 16:34| Comment(3) | TrackBack(5) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

中国人民に呼びかけよう

資本主義と共産主義の対立的イデオロギーで社会構造を論じることは無意味となった。
共産主義的ユートピアは、幻想であり、
権力者と党員が横暴をきわめ民衆の欲望と自由を抑圧するものでしかなかった。
ソビエト連邦は崩壊し、東側の民衆は自由で豊かな生活を西側の国に求めた。

中国は、修正資本主義を自ら選択することで権力構造を維持しようとしている。
あたかも、我国の戦後資本主義である官僚による最適化社会構造を目指している。
官僚による、いわゆる護送船団方式経済政策に似せた擬似社会主義経済の構築。
肥大する官僚は既得権を維持し増幅する。
官僚は、権力を操作することを目的とする官僚制度を複雑化し構築する。
中国の中央官僚は、言うまでもなく共産党員のエリートであり、権力者である。
彼等は、民衆の欲望と自由をコントロールすることにより、
自らの権力を維持しようとしている。

欲望と自由は、時間とともに拡張し、権力による介入を抑圧と感じ打破しようとする。
権力者の既得権に・戦する者に対し、いかに対応するか。
権力の介入は自分たちを保護するためのものと認識させ、
抑圧と思わせないことが必要となる。
民衆の心情をいかにコントロールするか。
少しばかり向上した生活と自由、そして身近な国となった日本に対する羨望と嫉妬。
愛国心をゆさぶり、ナショナリズムを昂揚させる。
中国の権力者にとって、ナショナリズムの絶好の対象が日本。

日本人は戦後まもなくアメリカ人の豊かさにあこがれながらも、反米主義が昂揚した。
皆がおなじように貧しい時から貧富の差が外見的にも明らかになりつつある時代。
まだ貧しい労働者は、現実の不安と不満を親米政府にぶつけ、
大学生たちは、共産主義の理想を片手に、米国に追随する政府に怒りを向けた。
60年安保闘争。反米親ソ。一級戦犯の岸信介。
そして、日本は護送船団方式経済政策に似せた擬似社会主義経済に邁進した。

愛国無罪。反日反米。一級戦犯の東条英機。
そして、中国は共産党一党独裁の市場経済型社会主義を構築できるだろうか。
それは、多くの人民に豊かさと自由と幸福な社会を約束するだろうか。
中国人民よ、目覚めよ!!
共産党一党独裁体制こそ、最大の敵なのだ。
posted by 友よ!! at 17:49| Comment(0) | TrackBack(2) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

米国提案の安保理改革

波多野 元国連代表部大使は「安保理はすべてアメリカ次第」と言っていました。
国連加盟国191カ国のうち90%近い170カ国が常任理事国拡大に賛成すれば、
米国も「考え直す」かもしれないとも言っていました。
5年近い大使経験と安保理議長を勤めた人の話ですから、説得力があります。

私は、
米国が最初から安保理改革を望んでいないことを承知しながら、
日本の政府・外務省が提案し固執するのには、
戦略的意味があるからに違いないと思っています。

中国は、日本の安保理に賛成するはずはなく、
「反対」の言動を激しくするにちがいない。
国内の不満を日本に向けておくに都合がよく、
自国のナショナリズムの昂揚を図ることができる。
アフリカ諸国などに「経済協力」と「日本の安保理反対」をセット販売し、
「反対」支持をとりつける。
発展途上国は、黒い猫も白い猫もねずみを取る猫はよい猫なのですから、
どうせ米国は反対し、日本の安保理は無理と読んでいるのです。
口先ひとつで、過大な要求ができる。

中国政府は、自らの覇権のためにも過大な約束をする。
軍事力の拡大と経済協力の拡大で国力のアンバランスが増幅される。
国内地域の経済格差と地方官僚の腐敗は、人民の反乱をさらに拡大することでしょう。
中国共産党員7000万人の既得権に13億人の民は黙ってはいない。
地方自治権の拡大容認から一挙に中華人民共和国の分裂。
そのために、韓国は「火付け役」を演じる。

中国の反対運動は終局に向かっています。
この時期に、米国が「安保理改革反対」に理由をつける。
日本でも安保理に入って、安保理決議がされた「内戦状態のソマリヤ」へ
自衛隊を派遣する覚悟は誰もないのですから。
引きどき!

中国は反日デモで国際的に信用失墜し、余分な海外援助で国家予算を浪費。
当面の目的は達成できました。
アメリカに従属するだけではない日本の姿と、国際貢献の意気込みを残し、
終息へ・・・。
さすが我政府・外務省は奥が深い。

posted by 友よ!! at 20:08| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

医療費の自己負担を上げる社会

政府の「骨太方針」では玉虫色ですが、
社会保障給付費の伸び率をGDPなどの経済規模に対応したマクロ指標を設定する。
経済成長は1〜2%を前提にしてのことです。
今回は医療費を抑制しようとしています。
最終的には受益者(患者)負担を増やし、病院へ行かせないようにする。
一方で、給与所得の実質的増税、退職所得の増税、消費税の増額と、負担を増やす。

これで、安心のできる社会保障制度になるのでしょうか。
年をとり病気になっても安心して、安く病院で治療を受けることができる。
人間としての尊厳を最後までみとる家族をバックアップする社会。

国民医療費全体の4割は老人医療費(70歳以上)だそうです。
一人あたりでは70歳以上73万円強、平均では24万円強だそうです。
高齢化社会につれ医療費が膨張する。
だから、負担を増やす。
他にやるべきことはないのでしょうか。

外資系保険会社の入院保険などは急増しているそうです。
保険料の安い若者に売り込むばかりか、年令に関係なく、しかも告知も不要と、
テレビコマーシャルで電話受付すら可能で、拡大している。
煽る不安に買う安心。
これが自己責任社会なのでしょう。
米国型純粋資本主義。
強い成長志向で勝ち組み負け組みを分別し、
経済格差の拡大を容認する経済システム。

我らは、こんな社会を望んでいたのでしょうか。
posted by 友よ!! at 18:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

日韓歴史共同研究委員会の永久設置で永久議論

6月10日に日韓歴史共同研究委員会の報告書が公開されました。
予想どおりと言ってしまっては、身もふたもないでしょうが、
見解の相違でした。

とくに近時の歴史認識で問題となる
「韓国併合」「植民地支配」「国交正常化」の要旨を読む限り、
韓国の学者の意見は主観的に思えます。
やはり、私も日本人、偏見でしょうか。

『要旨』のために、そう思ったのかもしれません。
当時の「生証人の言葉」とか「外交文書」とか「写真」などの事実関係資料、
その当時の「海外新聞の関連論評」とか「海外政治家の発言」とかの
資料に基づいての、委員会の発言要旨と思いますが、
この『要旨』を読む限りは、
韓国の学者の言い分は、日本人学者に比べ主観的に思えます。

事実関係からして、違うのには意外な感じがしました。
まさに、事実が『藪の中』なのでしょうか。
これでは共通認識はできないでしょう。
内容の異なる事実から生じる、異なる解釈と歴史認識。
ああ、絶望的!

これが国内の歴史であれば、歴史の両義性と割り切ることもできるでしょう。
官軍にとっての英雄は、賊軍にとっては殺戮者。
表があれば裏がある。
隣国となると、そうもいかないでしょう。

お互い自国が官軍なのです。
ましてや、負けた直接の相手が隣国ではなく、遠く離れた国なのです。
米国に対しては賊軍でも、かの国に対しての賊軍とは思っていないのです。
落ち武者の悲哀を味わいはしましたが、ともに戦ったのです。
かの国は自らの力でかちとった官軍だと言っているのですから。

私から、お願いします。
学者の皆さん、もっともっと議論してください。

posted by 友よ!! at 21:17| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

『古い欧州』のグローバル化が問われている

グローバル化は、世界のアメリカ化であり、
米国の覇権確立過程とする考えかたもあるようだ。
アメリカ化が平和と人々の幸福を最大限にするのであれば、
どの国も米国の諸システムを取り入れるだろう。
ところうが、米国の平和と利益がグローバル化だとするなら、
言葉の使い方に気をつけなければならない。

仏フィガロの社説では、
「・・・グローバル化する世界の中でどのようにフランスの将来と国民の雇用を保証するか。」と、
EU憲法の批准が否決されたとき、述べていたそうだ。
この場合のグローバル化は、市場経済での人・物・金の流れをさしていると思われる。

同じ時期に米ウォールストリート・ジャーナルの社説は、
「・・・失業率10%前後の状態が十年近く続いているフランスの経済的虚弱性は程度の差はあれ『古い欧州』全体に共通している。」
「・・・EUの官僚主義は欧州大陸の高税率、ふくれあがった福祉給付、弱者保護の産業政策などに目をつぶってきた。」
「・・・欧州はいまや福祉国家社会主義の実験失敗の高い代償を払いつつある。」と述べている。
雇用も国富も生み出していないと、欧州の福祉国家経済を批判している。

グローバル化した市場経済は、人・物・金の効率的流れをめざす。
人は年齢とともに自分の住屋を頻繁には変えたくないと、
落着いた生活がしたいと望むもの。
物価と所得の差で移動をいとわない東欧の人々が
定住をする西欧の人々の収入をおびやかす。
所得は低きに流れる。
安い所得で『いやな仕事』などしたくない人が増える。
『福祉給付』は減額せざるを得ないだろう。

お金(資本)は収益率の高いところをめざす。
投下費用の安いところ、人件費が安く、税金が安く、インフラが充足しているところへ。
そして、文句をいわない従業員とくれば言うことはない。
いつまでも『弱者保護の産業政策』はできない。

物は、買う人をさがし、高く買う人のところをめざす。
所得のない人に売るものはない。貧しい人には安い物を売る。
ところうが安い物は資金投下が少なくて済むものの、
貧しい人達を皆満足させるほど多くは製造できないだろう。
福祉国家は過去の共産国家に対するあだ花だったのだろうか。

企業に勝ち組みと負け組み。
どちらの企業に属するかで、収入は決まる。
失業すれば、収入がなくなる。
仕事をさがして外国へ移住する人々がでる。
始まりは、若者からだろう。

我らは、アメリカ化をめざすべきなのだろうか。
現実がそうであるように。

posted by 友よ!! at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

天皇制の存続に賛成します。

今の天皇家に新たに男子が生まれることは無理でしょう。
英国の皇太子のように20才近くも離れた若い娘さんであれば、
男子が産まれるまでしとねを重ねたでしょうが、
少しばかり年をとり、神経質な雅子様ではお一人が精一杯でしょう。
皇太子も気の毒で、
今の世、大奥も内妻もお手付もはばかり、ご落胤ですとはいかないでしょう。
このさい、愛子様を女性天皇にすることを前提に、
永久の皇位継承を制度化することでしょう。

天皇の位置付けは現状の象徴天皇でよいでしょう。
天皇家は国費でまかない、
内閣の承認のもとに国事行為を行なうとするのは現行のままでよいでしょう。
天皇家、皇族の人権は法律で制限を明示するべきです。
選挙権も被選挙もありません。
秋篠宮が皇族を離れ、国政選挙に立候補したら当選するでしょう。
かなり右よりの新保守政党の党首です。
これは、かなりまずいことになりかねないでしょう。

天皇はすくなくとも2000年の歴史をとおして、
貴種として継続して存在したのには、理由があったからだと思います。
ある時は統治者として、ある時は官位授与者として、ある時は権威の象徴として、
かたちを変えながらも存在しつづける。
人々は権力者として、官位受勲者として、権威をかりる者として、
天皇を必要としたし、血族を天皇にしようとしてきました。
天皇は、この国を統治するに、このうえなく利用価値があるのです。
そして、誰よりも天皇家は、この国の創立者であり守護者であると自負しています。
どの時代にも権力闘争があり、誰が権力者になろうとも、
天皇は権力者の守護者でありえるのです。
天皇家は、権力者を見分けるに時間を要することはあっても、
忍耐強く待てばよいのです。

天皇を神秘的儀式をおこなう大神主にし、天皇制を廃止する意見もあります。
そこで、新嘗祭をはじめとする儀式などの古代からの文化を継承していく。
いわば無形文化財として保存すればよいとするものです。

いずれそうなるかもしれません。
天皇が自分自身の人権を主張し、自ら退位し、後継天皇もいないとなれば、
儀式を継承すること、文化、伝統を継承するために一宗教法人の理事長になる。
しかし、この世に権力者と民がいるかぎり、天皇は利用価値があるのです。
天皇の利用価値を減殺するために、憲法で天皇制の制約条項を明記する。
天皇制を存続することが、権力者の横暴を防ぎ民の暴走を防ぐのだと思います。


posted by 友よ!! at 19:12| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

韓国の反日・反米感情

最近の韓国は、私のような平凡な日本人からみても異常に思えます。
私と同世代の婦人たちはヨン様とか大騒ぎで、韓流ブームを引っ張っています。
反日デモをしようが、竹島で太極旗を建てようが、
感情表現が豊かな人々を見るにつけ、いささか違和感がありますが、
国の違いと理解しようとしています。


続きを読む
posted by 友よ!! at 18:18| Comment(4) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

EU憲法条約―国民投票の思いはいろいろ

フランスにつづいてオランダの国民投票でもEU憲法条約は否決されました。
政治家は国民投票を政府批判の対象にしないようにと理解を求めたようですが、
国民は政府の内政に対する不満、EU事務局のエリート官僚にたいする不信、
異なる宗教・民族との遠近感、などさまざまな思いで否決したのだろうと思います。

続きを読む
posted by 友よ!! at 18:06| Comment(1) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。